【7/3(日)イベントチケット】IWSC受賞記念!宮川順子先生、うすいはなこ先生が創る「渾身のお料理」と「Meカクテル」の会

【7/3(日)イベントチケット】IWSC受賞記念!宮川順子先生、うすいはなこ先生が創る「渾身のお料理」と「Meカクテル」の会
【7/3(日)イベントチケット】IWSC受賞記念!宮川順子先生、うすいはなこ先生が創る「渾身のお料理」と「Meカクテル」の会
SOLD OUT

¥14,800

在庫切れ

カテゴリー:, ,

※本商品はイベントチケットです。オンライン上のチケットとなりますので、来場にあたり、お客様がチケットをお持ち込み頂く必要はございません。
※複数名での参加をご希望の方は、「数量」欄をご希望人数に合わせたうえで、お申し込みください。
※お申し込みの際、システムの便宜上、「店頭受け取り日時」を指定して頂く必要がございますが、当店にご来店いただく必要はございません。お申し込みが完了された方は、イベント会場に直接ご来場ください


「麴のリキュール」MeがIWSC受賞したことを記念し、
料理家の宮川順子先生、うすいはなこ先生のお2人とイベントを共同開催いたします!

全6種のコース料理と、それに合わせたMeのカクテルは全てお2人が手掛けられます。

Meのカクテルグラスには、こだわりの木本硝子を主にチョイス。
各カクテルの魅力を最大限に引き出せるグラスで皆様にご提供します。

さらに、豪華なお土産付き!
ご自宅でもMeを楽しんでいただけるよう、「Me無濾過生原酒」と、うすいはなこ先生がセレクトした「木本硝子のグラス」をご用意しました。

~内容~
・飲むみりんMeのご説明((有)神田豊島屋 取締役社長 木村倫太郎より)
・コース料理(6品、デザート含む)
・「Me無濾過生原酒」または「Me無濾過生原酒おりがらみ」のカクテル(6種)
・豪華お土産セット(Me無濾過生原酒+うすいはなこ先生セレクトによる「木本硝子グラス」)

女性料理家として常にトップを走り続けてこられたお2人による「Me」の初イベントとなります。
ぜひご参加ください!

 

【日時】
2022年7月3日(日) 18時~
※7月4日(月)にも開催いたします。別の商品ページをご用意しておりますので、ご都合の良い日時をお選びください。

【会場】
日本ガストロノミー協会参宮橋キッチン
渋谷区代々木4-8-2
地図は以前の店だったこちらをご参照ください。
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131810/13241349/

【定員】
20名

【参加申し込み及びキャンセルについて】
本ページからご購入下さい。当日の受付は行っておりません。
また、当日3日前以降のキャンセルはできかねます。予めご了承ください。

【注意事項】
①感染予防対策のため、発熱されている方は参加をご遠慮ください。
②妊娠中や授乳期の飲酒は胎児・乳児に悪影響を及ぼすおそれがあります。
③チケットを購入された方は、当日の受付で注文画面をスタッフに提示ください。
④天候等、主催者判断で中止の場合は、チケット代金をご返金致します。
⑤ノンアルコールをご希望の方は、備考欄にご記載いただくか、当社宛(info@toshimaya-ritashop.jp)にご連絡ください。
⑥システムの便宜上、「店頭受け取り」日時を指定して頂く必要がございますが、当店にご来店いただく必要はございません。お申し込みが完了された方は、イベント会場に直接ご来場ください。

宮川順子先生

宮川順子先生

(社)MIIKU日本味育協会 代表理事
(株)ユーキャン 客員講師
(調理師、食育実践プランナー、介護食、幼児食) 
料理教室「宮川順子のおいしさ学キッチン」主宰

——————————-

長男のアレルギーを機に、家庭での手作り料理に専念。経験を活かし料理教室を開講。
「教える」ための専門的知識の必要性を感じ、食関連の様々なセミナーに参加、各種資格を取得。
安心安全で健康を守る食を広めるため協会を設立。

現在は「おいしい」や「健康」にまつわる様々なセミナーやプロ、アマチュアを問わない調理技術講座等で講師を務めるほか、資格試験講座のテキスト執筆、社員研修、商品開発、食による地域活性なども手掛ける。

 

Representative Director Chef

Educator of sence of tastes and cooking theory

 

————————————————————————————————————————-

 

Cuisine à volonté(アドリブキッチン)

Personnel” (ペルソネル)」(賄い)

うすいはなこ先生

うすいはなこ先生

食卓をつなぐ会、H-table 料理教室 主宰
一般社団法人日本食文化会議 委員
日本料理、江戸料理料理人
食文化講師
魚食文化研究家

——————————-

博物館設計の仕事を10年経て、日本料理店で修行した後、独立。

『H-table料理教室』を主宰しながら、季節の行事や食卓文化を伝える講義やイベントを開催。
ウェブや雑誌などのメディアへのレシピ提供は1000点を超える。
大人のための味覚学や離乳食、幼児食の講義や、子どものための魚レシピ提供、企業の商品開発なども広く行っている。

身体によい食材を広める活動を積極的に行っており、魚食文化、発酵食品の推奨、発酵食品生産者支援も行っている。 江戸料理の料理人としても各所でポップアップ店を行なっている。

2020年8月「干物料理帖」出版、2021年、料理本のアカデミー賞と言われる、Gourudmand 世界料理本Fish&Seafood部門において大賞受賞。

豊島屋は東京において最古の酒舗で、慶長元年(1596)に創業者豊島屋十右衛門が、江戸の中心部神田鎌倉河岸(現在の千代田区内神田)で酒屋兼居酒屋を始めたのが起源です。
豊島屋が製造する「金婚」は明治神宮、神田神社、日枝神社に御神酒をお納めしております。

十右衛門は白酒作りを始め、その評判は江戸中に広まりました。 白酒は甘いお米のリキュールで、当時の女性に大変御好評をいただきました。
また、昭和初期には東京・東村山に豊島屋酒造㈱を設立いたしました。

以来、数少ない東京の蔵元として、日本酒および本みりんの製造を行っています。
また、本みりん醸造所としては東京唯一です。


(有)神田豊島屋 取締役社長 木村倫太郎

建材メーカーにて営業職、経営企画職を3年経験したのち、自身の母の大病をきっかけに、跡を継ぐために(有)神田豊島屋に入社。
神田限定販売酒「利他」のブランドプロデューサーとして就任し、4年で約5倍の売上を達成。

「麴のリキュール」Meを発案し、構想3年半を経て2021年6月に発売を開始。
同じくブランドプロデューサーとして、”飲み物としての本みりん”の素晴らしさを広めるべく活動している。